1. トップページ
  2. 教えて!あなっさん!
  3. 一般・ワイド・ワイドゴールドカードはどれを選ぶべき?

一般・ワイド・ワイドゴールドカードはどれを選ぶべき?

ANAマイルを貯めるためにはANAカードを選ぶべき。
これはゲーム上の鉄則です。

ただ、ANAカードの中(主にJCB・VISA)には、
一般・ワイド・ワイドゴールドの3つの種類があります。

これって、どれが良いのか?

カードを選ぶときに悩みやすい1つのポイントとなると思うので、
ここで詳しく比較をしてみます。

まずはサービス内容を比較してみた

カードを比較するためには、どこに違いがあるのかを明確にしておいた方がわかりやすいので、
重要なポイントを比べました。
※基本的なサービス内容はJCBカードもVISAカードも同じ。

一般・ワイド・ワイドゴールドのサービス比較

カード名 一般カード ワイドカード ワイドゴールドカード
カード券面 ANA JCBカード ANA・JCBカード(ワイド) ANA・JCBカードワイドゴールド
年会費 2,000円+税 7,250円+税 14,000円+税
初年度年会費 ○ × ×
家族会員費 1,000円+税 1,500円+税 4,000円+税
入会・継続ボーナス 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル
フライトマイル 10% 25% 25%
マイル換算率 100円=0.5~1マイル 100円=0.5~1マイル 100円=1マイル
マイル移行上限 無制限 無制限 無制限
マイル移行手数料 5,000円+税 5,000円+税 無料
国内外旅行傷害保険 1,000万円 5,000万円 1億円
ショッピング保険 年間最大100万円 年間最大100万円 年間最大300万円
空港ラウンジ × × ○
ステータス

一番安く使えるカードはどれか?

最初に結論を言うなら、
一番安く使えるのはANA JCBカード(一般)。これです。

かかるコストについてだけで計算をしてみました。
ここでは年会費・移行手数料を軸とします。

  JCB VISA
一般 ワイド ワイドゴールド 一般 ワイド ワイドゴールド
1年目 2,000円 7,250円 14,000円 2,000円 7,250円 9,500円
2年目 7,000円 12,250円 14,000円 8,000円 13,250円 9,500円
3年目 2,000円 7,250円 14,000円 2,000円 7,250円 9,500円
4年目 7,000円 12,250円 14,000円 8,000円 13,250円 9,500円
合計 18,000円 39,000円 56,000円 20,000円 41,000円 38,000円

※偶数年については、マイルへの移行手数料(JCB/5,000円・VISA/6,000円)をプラス。
※ANA VISAワイドゴールドカードは年会費割引を適応。
※全て税別表記で統一。

このようにJCBとVISAを比較しても、
ANA JCBカードが一番コストを安く抑えて利用することができます!

これはJCBとVISAで移行手数料が1,000円違うのが大きい。
(もちろん、VISAの方が海外で利用できる場所が多いというメリットはあります)

かかるコストを重視して選ぶときの参考にしてください。

では、年会費が安いのが一般カードということはわかりましたが、
年会費の高いワイドとワイドゴールドには、どういった違い・メリットがあるのか?

そのポイントについて説明をしていきます。

ワイド・ワイドゴールドって、どっちがお得なの?

ワイドorワイドゴールドカードは一般カードと比較して、年会費は高いですが、
貯められるマイルは圧倒的に多くなります。

具体的に1年間に東京-上海間(1,111マイル)を年4回往復した場合、
貯まるマイルの量を計算してみました。

  一般カード(10%) ワイド・ワイドゴールドカード(25%)
1年目 入会ボーナス 1,000マイル 2,000マイル
フライトマイル 14,664マイル 16,664マイル
2年目 継続ボーナス 1,000マイル 2,000マイル
フライトマイル 14,664マイル 16,664マイル
3年目 継続ボーナス 1,000マイル 2,000マイル
フライトマイル 14,664マイル 16,664マイル
合計 43,992マイル 49,992マイル(+6,000マイルの差!!!)

※区間マイルは100%で計算しています。
※フライトマイルは一般/10%、ワイド・ワイドゴールド/25%で計算。

このように一般カードと、ワイド・ワイルドゴールドカードとでは
貯まるマイルの量に雲泥の差ができます。

7,500マイルで一番マイルがかからない国内線航空券と交換できるので、
3年間で6,000マイルも差ができるのは、かなりお得!

そのため、普通にショッピングで利用するだけなら一般カードで良いと思いますが、
仕事や旅行で頻繁に飛行機に乗る方はワイド・ワイドゴールドカードを選ぶべきです。

じゃあ、ワイド・ワイドゴールドでは、どっちがお得か?

あなっさんはワイドゴールドカードをオススメします。

正直、ワイドゴールドカードは年会費が高い。
普通にゴールドカードを持つのと、なんらかわらない年会費がかかます。

ですが、ワイドゴールドカードは移行手数料が無料。
さらに空港のラウンジを無料で利用できます!

空港ラウンジは、超便利!

本来であれば、ラウンジは年会費30,000円以上のプライオリティパスを手にしなければ
使えませんが、ゴールドカードはそのサービスが付けられているのです。

何よりもドタバタしながら飛行機に乗るのではなく、少し前に空港に到着して、
ゆったり過ごすことできるのは、感動的な経験と言えます。

※ANAアメリカン・エキスプレス・カードのラウンジですが、体験談はこちら↓
 アメックス会員限定の空港ラウンジに行ってきた!

さらに!あなっさんのように年会費が気になる人であれば、
ANA VISAワイドゴールドカードを手に入れてください。

このカード、通常の年会費は14,000円(税別)ですが、
マイ・ペイすリボへの登録&年1回の利用で4,500円引き!

9,500円(税別)でゴールドカードを手に入れることができるのです!

ですので、頻繁に飛行機に乗る人であれば、
ANA VISAワイドゴールドカードを強くオススメします!

結論・・・どのカードを選ぶべきか?

改めて、説明した内容をまとめました。

一般カード:
年会費などコストを安くしたい人にオススメ。ANA JCBカードを選ぶべし!

ワイドカード
年会費が少し高いが、マイルは貯まる。が、、、正直、選ぶ利点は薄い。

ワイドゴールドカード
年会費は高いが、マイルも貯まるし、空港ラウンジも利用できる。
ANA VISAワイドゴールドカードであれば年会費も抑えられてオススメ!

こういう違いになります。

ANAマイルを貯めるのは大人のゲームなので、
最終的には自分の好きなカードを選ぶべきだと、あなっさんは考えています。

ただ、どのカードを選ぶべきか悩んでしまう人は
こうしたサービスの比較を参考にしてくださいね。

>>当サイトで人気のANAカードはこちら

人気ランキング

ANAマイルについて

ANAマイルを貯める方法

マイルを貯めるカード比較

あなっさんのずる賢い貯め方

教えて!あなっさん!

あなっさんのANAマイル日記

地域別の必要なマイル数チャート

お得なANAのキャンペーン

マイル用カードの詳細情報

スターアライアンスについて

サイト管理