1. トップページ
  2. マイル用カードの詳細情報
  3. ANA JCBワイドゴールドカード詳細情報

ANA JCBワイドゴールドカード詳細情報

ANA JCBワイドゴールドカード評価

マイル換算率・年会費などにおいてお得なゴールドカード!

ANA JCBのゴールドカード。マイル換算率は100円=1~2マイル、各種ボーナスマイルも最高レベルの内容になっています。年会費は少々高いですが、マイルへの移行手数料が0円のため、そこまで気にする必要はありません。せっかくならゴールドカードを持ちたい!という人にはリーズナブルで使いやすいカードと言えます。ANA JCBカードからステップアップして持つのも良いでしょう。

初年度年会費 年会費 マイル換算率 ポイント有効期限
15,120円 15,120円 100円=1~2マイル 翌々プログラム年度末日
入会ボーナス フライトマイル 継続マイル Edy機能
2,000マイル 25% 2,000マイル ○(チャージで200円=1マイル)

【期間限定キャンペーン】 ※2018年9月30日(日)受付分まで
当サイトからのお申込み&3ヶ月間の利用でなんと!最大23,000マイルをプレゼント!

  • 特典1:新規入会で2,000マイル
  • 特典2:新規入会&MyJチェック(WEB明細サービス)の登録で4,500マイル相当のポイント!
  • 特典3:ショッピングの利用合計30万以上で3,000マイル相当のポイントを、60万円以上で最大16,500マイル相当のポイントをプレゼント!

合計で最大23,000マイル!この豪華な入会特典を使えば、一気に海外旅行の無料航空券と交換できるだけのマイルが手に入ります!さらに今なら初年度年会費が無料です!

滅多にない期間限定のキャンペーンです、この機会をお見逃しなく!

>>ANA JCBワイドゴールドカードの申し込みはこちらです

あなっさんの評価~JCBよりもVISAのゴールドカードがお得!~

ワイドカードを持つのであればゴールドカードを!

ANA JCBカードの中では最高ランクに位置づけらけれているカード。
ゴールドカードのためステータスは他のカードとは段違いに違います。

このカードを持っているだけで社会的な信頼度は大幅にアップしますし、「あの人、ゴールドカード持ってる。羨ましい・・・」と周りからも尊敬の目で見られることは間違いありません。

また、ゴールドカードだとポイントからANAマイルへの移行手数料が無料になります。

必要なコストを計算すると

ワイドカード:年会費7,830円+移行手数料2,160円=9,990円
ゴールドカード:年会費15,120円+移行手数料0円=15,120円

とわずか5,130円の差しかありません!

さらに2015年4月からはワイドカードの移行手数料が5,400円になるため、実質かかるコストは1,890円しか変わらないため、ゴールドカードの方が絶対お得!(移行手数料が発生する年だけの話ですが)

たったこれだけの違いで高いステータスのゴールドカードを手に入れられるため、あなっさんだったら確実にワイドカードよりもゴールドを選びますね!

ゴールドカードならではのハイクオリティーなサービスがいっぱい!

ゴールドカードはステータスが高いだけのカードではありません。年会費に見合う、、、いや、それ以上の素晴らしいサービスを利用できます。

あなっさんが魅力的だと思うのは、

  • 国内外の旅行傷害保険が最高1億円(普通なら1,000~5,000万円)
  • ゴールドデスク(24時間365日受付可能のトラベルデスク)
  • 東京ディズニーリゾートへのトラベル特典:JTBのパッケージプランを購入するとポイント10倍!子どもがいる家庭には嬉しい!
  • 全国の対象254店舗で飲食代10~20%OFFとなるJCB GOLDグルメ優待サービス
  • 全国約70ヶ所の有料医療機関での人間ドック受信料を優待
  • 国内28空港とハワイ・ホノルル国際空港の空港ラウンジを無料ができる

などの特別なサービスを利用することができます。もちろん、これらは通常カードや、ワイドカードでは利用することはできません。

最高ランクのゴールドカードならではのサービスです!

Edyのチャージでもポイントを貯められるのがお得!

ANA JCBカードやワイドカードではEdyの利用でポイントを貯めることができますが、チャージをするときにはマイルを貯めることができません。

しかし!ゴールドカード以上(プラチナカードなど)では、チャージでも200円=1マイルを貯めることができるのです。

普段からEdyを利用している人にとっては非常にありがたい特典です!

あなっさんとしてはANA VISAワイドゴールドカードをお薦めしたい!

正直、あなっさんもゴールドカードを持つか、ひじょーーーーーに悩みました。

最終的には高ステータスのアメックスブランドへの憧れと、年会費の安さからANAアメリカン・エキスプレス・カードを選びましたが、ゴールドカードも悪くありません。

ゴールドカードクラスになると空港ラウンジも利用できますしね。

ただし、同じゴールドカードならANA VISAワイドゴールドカードを選ぶべきです!

ANA VISAワイドゴールドカードは条件を満たすことで年会費15,120円(税込)が10,260円(税込)に下げられます。

しかも、基本的なサービス・特典はJCBと変わりません!海外で幅広く使えることを考えると、確実にVISAの方がリーズナブルでお得です。

とはいえ「いきなり年会費の高いゴールドカードっていうのは少しハードルが高い」「カードを使いこなせるか不安」という人はANA JCBカードANAアメリカン・エキスプレス・カードなど費用が安いカードから入り、使いこなせる自信を持ってからゴールドカードにステップアップするのはありですね!

>>ANA JCBワイドゴールドカードの申し込みはこちらです

ANA JCBワイドゴールドカード詳細情報

年会費 15,120円
初年度年会費 15,120円
家族年会費 4,320円
カードブランド JCB
入会資格 原則として20歳以上で本人に安定継続収入のある方(学生不可)
入会ボーナスマイル 2,000マイル
フライトマイル 25%
継続マイル 2,000マイル
マイル換算率 10マイルコース/100円=1マイル
※10マイルコースの場合
 1,000円=1Oki Dokiポイント=10マイル
マイル移行手数料 10マイルコース/無料
ポイント移行単位 1ポイント以上、1ポイント単位
移行上限/年間 無制限
ポイント有効期限 2年(1ヶ月単位で執行)
旅行傷害保険 海外 最大1億円
国内 最大1億円
ショッピングプロテクション 最高500万円/年間
ETCカード機能 ○(無料)
Edy機能 ○(200円につき1~2マイル)
Edyチャージによるマイル換算 ○(200円につき1マイル)
ショッピング機能 QUICPay・PiTaPa・お財布携帯
空港ラウンジ 新千歳・函館・青森・秋田・仙台・新潟・成田第1・成田第2・
羽田第1・羽田第2・羽田新国際線・中部国際・富山・小松・
伊丹・関西・神戸・岡山・広島・米子・山口宇部・高松・徳島・
松山・福岡・北九州・大分・長崎・熊本・鹿児島・那覇・ホノルル
【中国国内】
延吉・長春・大連・北京・天津・石家荘・済南・鄭州・上海4ヵ所・
南京・杭州・武漢2ヵ所・合肥・重慶2ヵ所・広州・珠海・海口・三亜
その他オプション ・ゴールドデスク
・JCBゴールド チケットサービス
・空港ラウンジサービス
・会員情報誌「THE GOLD」
・手荷物無料宅配券サービス
 ※JCBトラべルデスクで海外パッケージツアーを購入した場合、
  スーツケース無料宅配券片道分(空港から自宅)を1組につき
  1枚プレゼント
・東京ディズニーリゾートへのトラベル特典
 ※エースJTBのパッケージプランを購入でポイント10倍!
・宿泊オンライン予約サービス
・JCB GOLDグルメ優待サービス
 ※全国の対象254店舗で飲食代10~20%OFFなどの優待
・JCB優待ガイド
・JCBプラザコールセンター(海外)
・ドクターダイレクト24(国内)
・人間ドックサービス
・健康チェックサービス
・ショッピングガード保険
・ライフアクシデントケア制度
・JCBゴールドホテルサービス
・ハーツレンタカー割引
・JCB暮らしのお金相談ダイヤル
・JCBプレミアムカード限定イベント情報
・ゴールドフラワーサービス
・JCBゴールド ゴルフサービス
・「JCBゴルファーズ倶楽部」

ANAカード人気ランキング

ANAマイルを貯める定番カード!

ANAマイルについて

ANAマイルを貯める方法

ANAカードの選び方

あなっさんのずる賢い貯め方

教えて!あなっさん!

あなっさんのANAマイル日記

地域別の必要なマイル数チャート

マイル用カードの詳細情報

スターアライアンスについて

サイト管理