1. トップページ
  2. ANAマイルについて
  3. まずはANAマイルを知ろう

まずはANAマイルを知ろう

まず大前提として、ANAマイルのことを知らない人のために
ANAマイルがなんなのかについて説明します。

ANAマイルはANA(全日本航空)が提供しているポイントサービスのことです。

楽天市場なら楽天スーパーポイント、
JCBならOki Dokiポイント、
TSUTAYAならTポイントなどにあたるものですね。

あなたもこれまでに何かしらのポイントを貯めて
使った経験があるのではないでしょうか?

一般的には、こうして貯めたポイントは商品と交換したり、
そのお店などで商品購入代金の一部に充てることができます。

例えば、楽天スーパーポイントは楽天市場において
1ポイント=1円で使うことができます。

3,000ポイント貯まっていれば、10,000円の商品を7,000円で
買うことができうというわけ。

最近だと増税されて色々な値段が上がっているなかで、
ポイントを貯めて利用すれば、最低でも1%は得をできちゃうっていうわけなんです。

ANAマイルは何に交換できるの?

じゃあ、このANAマイルはどのように利用することができるのか?
貯めたマイルは具体的に以下のように利用できます。

  • ANA国内
  • 国際線特典航空券への交換
  • ANA国際線のアップグレード
  • 提携航空会社の特典航空券への交換
  • ANA国際線超過手荷物料金の支払い
  • ショップイングサイト「astyle」での使用
  • ANAセレクション特典(商品との交換)
  • 機内販売の購入の利用
  • ツアー代金、食事券やホテル代などのクーポン券との交換

このように様々なことに利用することができます。

そのなかでも、
やはり、ANA国内・国際線の航空券へ交換できるのが最大の魅力!

航空会社だからこそ提供できるレアなポイントサービスと言えます。

実はあなっさんも家族を国内・海外旅行に連れて行きたくて
ANAマイルを貯め始めたという経緯があります。

だって、コツコツANAマイルを貯めていけば、
飛行機代が無料になるなんて、本当にお得
じゃないですか!

あなさっさん的には全てのポイントサービスの中で、
一番魅力的で、お得なポイントサービスと感じています。

貯めたANAマイルでどこに旅行できるの?

具体的に無料の航空券で旅行するためには、どれくらいマイルを貯めれば良いのか?
以下の表を参考にしてみてください。

★国内線

全旅程の距離 対象路線 特典交換必要マイル数
片道:1区間 往復:2区間
0~600マイル区間 東京 秋田、庄内、仙台、新潟、
大島、八丈島、富山、小松、
能登、名古屋、大阪
L/7,500
R/9,000
H/11,250
L/10,000
R/12,000
H/15,000
大阪 萩・石見、松山、高知、
福岡、大分、熊本、宮崎
名古屋 新潟、松山
札幌 利尻、稚内、女満別、根室中標津、
オホーツク紋別、釧路、函館、
青森、秋田
仙台 小松
福岡 対馬、五島福江、宮崎
長崎 壱岐、五島福江、対馬
沖縄 宮古、石垣
宮古島 石垣
601~1,600マイル区間 上記・下記以外の往復同区間旅程 L/9,000
R/11,250
H/13,500
L/12,000
R/15,000
H/18,000
1,601~2,000マイル区間 東京 沖縄 L/10,500
R/13,500
H/15,750
L/14,000
R/18,000
H/21,000
大阪 石垣
静岡 沖縄
名古屋 沖縄
札幌 福岡
2,001~4,000マイル区間 東京 石垣 L/12,750
R/15,000
H/17,250
L/17,000
R/20,000
H/23,000
名古屋 石垣
札幌 沖縄
沖縄 仙台、新潟

★国際線(Y/エコノミークラス、C/ビジネスクラス、F/ファーストクラス、L/ローシーズン)

  Zone2
(韓国)
Zone3
(アジア1)
Zone4
(アジア2)
Zone5
(ハワイ)
Zone6
(北米)
Zone7
(欧州)
L L L L L L
Zone1
(日本)
Y 12,000 17,000 30,000 35,000 40,000 45,000
C 25,000 35,000 55,000 60,000 75,000 80,000
F - - 105,000 - 150,000 165,000
Zone2
(韓国)
Y 設定なし 27,000 40,000 40,000 45,000 50,000
C 45,000 65,000 70,000 80,000 85,000
F - 135,000 - 165,000 180,000
Zone3
(アジア1)
Y 設定なし 設定なし 40,000 40,000 45,000 50,000
C 65,000 70,000 80,000 85,000
F 135,000 - 165,000 180,000
Zone4
(アジア2)
Y 設定なし 設定なし 設定なし 50,000 55,000 60,000
C 90,000 10,000 105,000
F 180,000 195,000 210,000

2015年4月12日以降に発券される国際線特典航空券の必要マイル数が変わりました!

ここでは一部しか紹介していないので、詳しくはこちらをご確認ください!
→国際線の必要枚数が変わったよ!

そして、この表から一番少ない国内線の航空券で7,500マイルというのもわかりますね。

100円=1マイルで貯められるクレジットカードであれば、
750,000円をカード利用すれば、無料の航空券を手に入れることができます。

ここで「えっ!?75万円も使わないといけないの?」

と思うかもしれませんが、1年間(12か月)で75万を割ってみると、
750,000円÷12か月=62,500円/月

つまり、1か月で62,500円のクレジットカード使用があれば、
それだけで国内の航空券を手に入れることができます。

1か月62,500円というのは、普段の生活費の支払いをクレジットカードに
まとめれば決して難しくありません。

あなっさんの毎月のカードの支払いを例に挙げるとこんな感じ。

  • 電気代/8,000円
  • ガス代/6,000円
  • 水道代/6,000円
  • 携帯代/12,000円
  • 固定電話代/4,000円
  • ネットのプロバイダ代/1,000円
  • コンビニでの利用/10,000円
  • 外食費/10,000円
  • その他(雑費&交際費)/15,000円
  • 合計/72,000円

これであれば、年間で864,000円。
100円=1マイルであれば8,640マイルを貯めることができます。

つまり、ANAマイルを貯めて無料航空券を手に入れることは現実的に十分可能
ということを理解しておいてください。

ぶっちゃけ、ANAマイルを貯めるのは楽しい!!

ぶっちゃけた話、今でこそANAマイルを貯めることに
執念を燃やしているあなっさんですが、、、

マイルを貯める前までは、これらのポイントサービスを
全く利用していませんでした(笑)

理由は単純、、、ポイントを貯めるのがめんどくさかったから。

というのも、ポイントやマイルを効率よく貯めるにはクレジットカードを
使わなければいけないのですが、あなっさんはクレジットカードを使うのにも
抵抗があったのです。(別ページで詳しく書きます)

ネットで物を購入したり、支払いを済ますのが一般的な今の時代に
反しているのですが、どこか怖いという印象があったんです。

あとはプライベートでも仕事でも旅行とか出張で飛行機に乗る機会もなく、
マイルについて詳しくなかったっていうのもあります。

これらの理由からマイルを貯めようなんて気はさらさらなかったのです。

でも、家族を旅行に連れて行きたい!と思って貯め始めてみたところ、
なんかゲーム感覚で貯められるので、めちゃくちゃ面白かったんです。

はまりました(笑)

今では「これを買ったら10マイル貯まるなー」と考えながら、
カードの支払いをしているほど!

ちょっとしたゲーム感覚でANAマイルを貯めて、
最終的には家族と旅行に行けるなんて、一石二鳥だと感じています。

では、具体的にANAマイルを貯めるにはどうすれば良いのか?
そのためには、まずANAマイレージクラブに登録する必要があります。

次のページでANAマイレージクラブへの登録方法を紹介します。

>>>ANAマイレージクラブに登録しようへ

ANAマイルを貯めて、タダで航空券を手に入れたいなら、ANAカードがオススメ!

当サイト人気のANAマイルを貯めるカードランキングはこちら

ANAカード人気ランキング

ANAマイルを貯める定番カード!

ANAマイルについて

ANAマイルを貯める方法

ANAカードの選び方

あなっさんのずる賢い貯め方

教えて!あなっさん!

あなっさんのANAマイル日記

地域別の必要なマイル数チャート

マイル用カードの詳細情報

スターアライアンスについて

サイト管理