1. トップページ
  2. ANAマイルを貯める方法
  3. ガソリン・高速道路代

ガソリン・高速道路代の支払いでANAマイルを貯める

住んでいる地域によっては、自動車は生活に必要不可欠なものです。

あなっさんが住んでいるところも、車がなければ買い物や遊びに
行くにも一苦労。正直、車がない生活は考えられません。

そのため、毎月のガソリン代や高速道路代もバカにならないのです。

当然、それだけガソリン代や高速道路代にお金がかかるわけですから、
カード支払いをしてポイントを貯めるのは忘れてはいけません。

これだけでも充分ポイント(=ANAマイル)を貯めることができます。

ですが、話はこれだけではありません。

実はガソリン代や高速代を支払うときに、ちょっとした工夫をするだけで、
倍近いマイルを貯めることができるのです。

ここでは、ガソリン代・高速道路代で大量にポイントを貯めるための
ちょっとした裏技を説明します。

ガソリンはENEOSか出光で給油するべし!

まずガソリン代の支払いについて。

ガソリン代もクレジットカードで支払うと、ANA JCBカードやANAアメリカン・エキスプレス・カードであれば、
100円=1ポイント(=1マイル)を貯めることができます。

これは普通ですね。

ここでさらにANAマイルを貯める裏技。
給油するガソリンスタンドはENEOSか出光を選ぶべし!

これです。

というのも、ANAではANAカードマイルプラスというサービスがあります。

このサービスはANAと提携している様々な会社でANAカードを利用すると
カード会社のポイントにプラスして、マイルもプラスして貯めることができます。

1度で2度お得なサービスなんです!

具体的には、

  • ENEOS/100円=1マイル(ポイント換算率1%)
  • 出光/200円=1マイル(ポイント換算率0.5%)

でANAマイルを貯めることができます。

そのため月1回ENEOSで150円/Lを50リットル給油した場合、

150円/L×50L=7,500円/月
の支払いをすることになりますね。

これを通常のカード利用で貯まるポイントで換算すると(100円=1ポイント)
7,500円→75ポイント(=75マイル)

さらにANAカードマイルプラスで100円=1マイルがプレゼントされるため
7,500円→75マイル

つまり、合計150マイルが1回の給油で貯まるのです。

これが1年間だと150マイル×12ヶ月=1,800マイル!
月2回給油すれば3,600マイル、月3回なら年間で5,400マイルも貯められます。

結論、ENEOSなら2倍、出光なら1.5倍のANAマイルが貯まるのです。
このメリットは決して見逃してはいけません!

他社のガソリン代が安かった場合、どちらを選ぶべき?

1回の給油で貯められるマイルが1.5~2倍となるANAカードマイルプラス。

もし、他のガソリンスタンドの方がガソリン代が安かった場合、
どちらを選ぶべきなのか?

結論としては、個人の価値観次第ではあるのですが、
ガソリン代が違う場合に、どのような差が生まれるのかを計算してみました。

例として、ENOESのガソリン代が160円/L、他社のガソリン代が150円/Lだった場合、
50Lが満タンの車に月に2回ガソリンを給油したとすると、

ENEOS:160円/L×50L=8,000円×月2回=16,000円/月
他社:150円/L×50L=7,500円×月2回=15,000円/月

これを1年間(12ヶ月)で換算してみると

ENEOS:16,000円/月×12ヶ月=96,000円/年
他社:15,000円/月×12ヶ月=90,000円/年

支払う金額としては6,000円/年の差が生まれます。

今度は貯められるANAマイルの量で計算してみると
(100円=1ポイント=1マイル換算)

ENEOS:960マイル(ガソリン代)+960マイル(マイルプラス)=1,920マイル
他社:900マイル

貯められるマイルの量としては1,020マイル(102,000円相当)の差が生まれます。

つまり、年間の支払いを6,000円安くするか?1,020マイルを貯めるか?
この選択をしなければいけないということです。

どちらが良いとは言い切れないのですが、お財布に余裕がない
あなっさんとしては6,000円安い方を選びますね(笑)

というのも、無理にANAマイルを貯めようとしても長続きしない!
というのがあなっさんの持論です。

給油時にほぼ同条件のガソリンスタンドがあった場合はENEOSや出光を使う!
という緩めのルールだけを決めておき、あとは臨機応変に対応する。

自分の生活をルールで縛りすぎず、ゲーム感覚でANAマイルを貯めるのが
楽しみながらマイルを貯めるコツですよ。気楽にいきましょう。

高速道路でマイルを貯める方法

高速道路を利用する時にANAマイルを貯めるには、
ETCカードを利用するのが鉄則です!

最近ではETCを利用しない車はほとんどいませんね。
よりスムーズに高速道路を使うためにETCは欠かせません。

このときに必要になるのがETCカードです。

ETCカードを車載器に入れておくことで、高速道路の料金所を通過することが
できるのですが、あなたのETCカードはANAマイルを貯められるカードになっていますか?

ANAアメリカン・エキスプレス・カードやANA JCBカードはETCカードも発行することができます。
(ANAアメリカン・エキスプレス・カードは無料で発行することができます)

これはあなっさんのETCカード(一応プライバシーのために大事な部分は消しました)

マイル換算率の高いETCカードを車載器にセットしておくことで
高速道路の利用料金も100円=1ポイント=1マイルで貯めることができます。

ちなみに、あなっさんの家では月15,000円ほどの高速代を支払っています。
が・・・実は最近まで200円=1ポイント=1マイルのカードを使っていました。

以前:15,000円/月→75マイル/月→900マイル/年
現在:15,000円/月→150マイル/月→1,800マイル/年

これだけで年間で900マイルの差が生まれています。

1年では大した差に感じないかもしれませんが、
2年間で1,800マイル、3年で2,700マイル、、、

このように計算をしてみると、
高速道路代で貯まるマイルの量もバカにはできません。

しかも、ANAマイルが貯まりやすいETCカードを車載器にセットしておくだけで、
自動的に大量のポイントを貯めることができるため、手間もかかりません。

月に何度も高速道路に乗っている方は、
ここでも必ずポイント(マイル)を貯めるようにしてください。

ANAマイルを貯めて、タダで航空券を手に入れたいなら、ANAカードがオススメ!

当サイト人気のANAマイルを貯めるカードランキングはこちら

ANAカード人気ランキング

ANAマイルを貯める定番カード!

ANAマイルについて

ANAマイルを貯める方法

ANAカードの選び方

あなっさんのずる賢い貯め方

教えて!あなっさん!

あなっさんのANAマイル日記

地域別の必要なマイル数チャート

マイル用カードの詳細情報

スターアライアンスについて

サイト管理