当サイトはANAマイルを貯めるための攻略本です!

当サイトは航空券代にお金をかけずに、家族を旅行に連れていきたいANAマイルおじさん(あなっさん)が、飛行機に乗らないマイルの貯め方などの情報を紹介しているサイトです。マイルを貯めるのは大人のゲームです!いかに楽しく、かつ効率的に貯めるかを体験談とともに解説します。ANAマイルを貯めて、旅行に行きたい!と考えている方に役立ててもらえると嬉しいです!

総合人気ランキング

当サイトで人気のANAカードのランキングです。
(2020年2月1日 更新)

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

あなっさんも使っている超オススメカード!
マイルを無期限に貯められるので特典航空券を手に入れやすい!

アメックスブランドのANAカード。マイル換算率が100円=1~2.5マイルと、マイルが貯めやすいカードになっています。最大の魅力は、マイルを無期限に貯められること。アメリカやヨーロッパなどへの特典航空券も手に入れやすいんです!また、空港ラウンジを無料で利用できたり、旅行傷害保険が充実していたりと、サービス内容も充実。新規入会で爆発的にANAマイルを貯められることも大きなメリット!悩んだら、このカードを選べば間違いなしですよ!管理人も愛用しています♪

オススメ度★★★★★
初年度年会費7,000円(税抜)
2年目以降7,000円(税抜)
マイル換算率100円=1~2.5マイル
ポイント有効期限翌々プログラム年度末日→無期限にできる
移行手数料6,000円(税抜)
入会・継続ボーナス1,000マイル
フライトボーナス10%

【期間限定キャンペーン】 ※2020年4月30日(木)お申し込み分まで

当サイトからのお申込み&カード利用でなんと!最大35,000マイルをプレゼント!

  • 新規入会ボーナスで1,000マイル
  • 3ヶ月以内にカードの利用額1万円達成で500マイル相当のポイント
  • 3ヶ月以内にカードの利用額30万円達成で4,000マイル相当のポイント
  • 3ヶ月以内にカードの利用額70万円達成で22,500マイル相当のポイント

カード利用70万円で7,000ポイント(マイル)も貯まるため、合計で最大35,000マイル

つまり、キャンペーンだけでハワイまでの往復無料航空券と交換できるマイルが手に入るんです♪超お得なキャンペーンです。この機会を絶対お見逃しなく!

申し込みはこちら

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの詳細

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

年会費の安さ&マイルの貯まりやすさで大人気!
陸マイラーに選ばれているオススメの1枚

ANA JCBカードのサービスに、PASMOの機能がプラスされたカード。カードの利用でOki Dokiポイントが貯まるだけでなく、東京メトロ(地下鉄)を使えばメトロポイントも貯まります。両方のポイントをANAマイルに交換できるため、ANAマイルを大量に貯められるカードです。年会費は「2,000円+税」とANAカードの中でも最安!本気でマイルを貯めたい陸マイラーに大人気のカードです!(今なら初年度年会費が無料!

オススメ度★★★★
初年度年会費無料
2年目以降2,000円(税抜)
マイル換算率100円=0.5~2マイル
ポイント有効期限2年間
移行手数料5,000円(税抜)
入会・継続ボーナス1,000マイル
フライトボーナス10%

【期間限定キャンペーン】 ※2020年4月30日(木)お申し込み分まで

当サイトからのお申込み&カード利用でなんと!最大24,900マイルをプレゼント!

この豪華な入会特典を使えば、一気に海外旅行の片道航空券と交換できるだけのマイルが手に入ります!さらに今なら初年度年会費が無料

また、スマホリボ登録・利用でもれなく最大5,000円キャッシュバックの特典も付きます!

滅多にない期間限定のキャンペーンです、この機会をお見逃しなく!

申し込みはこちら

ANA To Me CARD PASMO JCBの詳細

ANA VISA Suicaカード

マイ・ペイすリボ(リボ払い)の利用で年会費は最安!
Suicaのチャージ・利用でもマイルが貯まる!

世界中で使えるVISAブランドのカード。最大の特徴はSuica機能が搭載されている点です。Suicaのチャージでポイントが貯まるので、普段からSuicaを使う人には普通のVISAカードを選ぶよりも断然お得♪しかも、このカードは条件を満たせば年会費が全ANAカードの中で最安になります!コストの安さを重視して選びたい人にもオススメのカードです(ただし、リボ払いの手数料には要注意)。

オススメ度★★★★
初年度年会費無料
2年目以降 2,000円+税→751円+税
マイル換算率 100円=0.5~1マイル
ポイント有効期限2年間
移行手数料 6,000円+税
入会・継続ボーナス1,000マイル
フライトボーナス10%

期間限定キャンペーン!

新規入会&サービス利用で最大22,000マイル相当のポイントをプレゼント!

申し込みはこちら

ANA VISA Suicaカードの詳細

あなたにピッタリのANAカードを探そう!

年会費の安さで選ぶ
マイルの貯めやすさで選ぶ
旅行で役立つサービスで選ぶ
飛行機によく乗るなら
空港ラウンジの利用で選ぶ
ステータスの高さで選ぶ
マイルを貯められるカードのサービスを徹底的に比較してみました!

ANAマイルを貯めて、無料で航空券を手に入れよう!

こんにちは!当サイト管理人のあなっさんです。

嫁と2人の子供を旅行に連れて行くため、日々コツコツとANAマイルを貯めています。

ANAマイルとは、ANA(全日空)が行なっているポイントサービスのこと。

最大の特徴は、貯めたマイルをANAの航空券と交換できるところにあります。

そのため、旅行好きな方や、家族・お友達と旅行に行きたい方から、とっても人気があるサービスなんです。

ちなみに、2020年2月現在のあなっさんのANAマイル数はポイントと合わせて55,296マイル!

ANAのサイト
あなっさんのANAマイル数

ANAアメックスのサイト(マイルに交換する前。1ポイント=1マイルに交換可能)
あなっさんのANAアメックスのポイント数

大体、東京ー沖縄間の往復航空券(レギュラーシーズン)で3人分か、日本ーヨーロッパ(パリやロンドン/レギュラーシーズン)で1人分の片道航空券と交換できるだけは貯まっていますね。

一昨年、家族と沖縄旅行に行くときにマイルを使ったので、少し減っちゃいましたけどね(笑)

さて、そんな私が最初に伝えておきたいのが・・・
ANAマイルを貯めるのは大人のゲーム」だということ。

ANAマイルを貯めて、無料航空券を手に入れるというのは、コツコツとレベル上げをしてラスボスを倒すようなロールプレイング的なゲームに似ています。

これは決して「マイルを貯める=難しい」ということを言いたいわけではありません。

むしろ、ANAマイルは誰でも簡単に貯めることができます。

普段から飛行機にあまり乗らない方でも、普通に生活をしているなかで国内・海外の航空券と交換できるだけのANAマイルを貯めることができます。

つまり、誰でもANAマイルで無料航空券を手に入れられるんです!

しかーーし!いかに効率的にマイルを貯めて、短期間で無料航空券と交換するか?を考えると、ANAマイルの貯め方というのは、とっても奥深い!

というのも、ANAマイルは、ちょっとした工夫をするだけで、簡単かつ大量に貯めることもできます。

逆にマイルの貯め方を知らないと、せっかく貯められるマイルを無駄にすることも・・・

つまり、ゲームをクリアするようにANAマイルの貯め方(=攻略法)を知っておけば、より効率的かつ、より楽しくマイルを貯めていくことができるんです!

実際、あなっさんは仕事を含め、ほとんど飛行機に乗りませんが、毎日の生活のなかで色々と工夫して、家族と沖縄旅行に行けるだけのマイルを短期間で貯めることができました。

今は家族で海外旅行に行くために、コツコツとマイルを貯めています♪

ですので、当サイトを読んでいただいている方にも、ANAマイルを貯めるゲームを楽しみながらクリアして欲しいです!

そこで、このサイトでは、あなっさんが家族と旅行に行くために身につけたANAマイル獲得テクニックを紹介します。

飛行機に乗らなくても、充分マイルを貯めることができるということを、あなっさんの実体験をベースに解説。もちろん、ANAマイルの使い方など基本的な知識も解説しますね。

はじめてANAマイルを貯める方のために、わかりやすく解説します。
ぜひ参考にしてください!

ANAマイルを簡単に貯めるための2つの方法

「じゃあ、どうやってANAマイルを貯めていけば良いの?」
「私でも簡単にできるANAマイルの貯め方が知りたいんだけど・・・」

このような方のために、まずは基本的なANAマイルの貯め方を簡単に解説しますね。

ANAマイルを貯める方法としては大きく次の2つの方法があります。

  • ANA(全日空)の飛行機に乗る
  • クレジットカードのポイントをANAマイルに交換する

この2つの方法によって、ANAマイルを貯めていけます。

そして、2つの方法のうち、特に大事なのが「クレジットカードのポイントをANAマイルに交換する」という方法です。

ANAマイルはANAの飛行機に乗るだけでなく、普段使うクレジットカードのポイントを交換することでも貯められるようになっています。

例えば、JCBカード(一般)を使っていた場合、毎月の利用金額1,000円(税込)につき1Oki Dokiポイントが貯まります(OkiDokiポイントとは、JCBカードのポイントサービスのこと)。

このOki Dokiポイントは「1ポイント=0.3マイル」でANAマイルと交換ができるんです。

仮に、あなたが1ヶ月で30,000円をJCBカードで支払った場合は、

30,000円=30Oki DOkiポイント=100マイル

がANAマイルに交換できるというわけですね。

参考として、あなっさんのクレジットカードの利用履歴と貯めたポイントがわかるのが次の画像です。

あなっさんのクレジットカード利用履歴

あなっさんは「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」という「100円=1ポイント=1マイル」が貯まるカードを使っているので、Googleへの250円の支払いで2ポイント貯まっているというわけですね。

もちろん、このページを読んでいる方のなかには「毎月カードで支払っている金額なんて、3万円にもならないんだけど・・・」という方もいるはずです。あなっさんもANAマイルを貯める前まではそうでした(笑)

でも、安心してください。

普段の生活費の支払いを現金払いではなく、クレジットカード払いに変えるだけで、ほとんどの方はカードの支払額が毎月10万円ほどになるはずです。

一度、あなたの毎月の生活費を計算してみてください。
毎月かなりの金額を生活費として支払っているはずです。

この生活費のほぼ全てでポイント(=マイル)を貯めていくことができます。

実際、あなっさんはスマホ代や光熱費、ガソリン代、生命保険などなどをカード払いにしたことで、毎月10〜12万円ほどのカードの支払額があり、それだけポイント(=マイル)を貯めることができています。

これまで現金で払っていたものをカードに変えただけですので、決して損はしていません。

むしろ、カード払いにしたことで、以前よりも得をしています。

というのも、クレジットカードで支払った金額に対して、ポイントが貯まる・・・つまり、毎回の支払いでポイント分がキャッシュバックされるのと同じですからね。

ですので、普段仕事やプライベートでANAの飛行機に乗らない方でも、クレジットカードを使ってANAマイルをドンドン貯めていくことをオススメします!

ちなみに、飛行機に乗らずにクレジットカードを使ってマイルを貯める人のことを「陸マイラー」と呼びます。

このような名前があるほど、クレジットカードを使ってマイルを貯めている方がたくさんいるということですね!

ANAマイルを貯めるなら、ANAカードを使うべし!

クレジットカードを使ってANAマイルを貯める場合、「どのクレジットカードを使うか?」が、とっても大切なポイントになります。

というのも、使うクレジットカードによって、貯められるマイル数が大きく変わるからです。

そのため、ANAマイルを貯めるときには、マイルが貯まりやすいカードを使うことが大切!

そして、ANAマイルを貯めやすいのは・・・ANAカードです。

ANAカードとは、ANA(全日空)から発行されているクレジットカードのこと。
具体的には次の種類があります。

カード名 年会費(税抜) マイル換算
ANA JCBカード(一般) 2,000円 0.5~2マイル
ANA To Me CARD PASMO JCBカード(一般) 2,000円 0.5~2マイル
ANA VISAカード(一般) 2,000円→割引後/1,025円 0.5~2マイル
ANA VISA Suicaカード(一般) 2,000円→割引後/751円 0.5~2マイル
ANA JCB ワイドカード 7,250円 0.5~2マイル
ANA VISA ワイドカード 7,250円→割引後/6,275円 0.5~2マイル
ANA JCB ワイド ゴールドカード 14,000円 1~2マイル
ANA VISA ワイドゴールドカード 14,000円→割引後/9,500円 1~2マイル
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 7,000円 1~2.5マイル
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 31,000円 1~3マイル
ANAダイナースカード 27,000円 1~2マイル

これらのカードは、他のクレジットカードと比べて、ANAマイルが貯めやすくなっています。
具体的な特徴として、

  • ポイントからマイルへの換算率が高い
  • 飛行機に乗ると、通常のマイルに加えてボーナスマイルがもらえる
  • ANA(全日空)の提携店でポイントとマイルが二重で貯まる
  • 新規入会&継続でもボーナスマイルがもらえる
  • 新規入会で爆発的にマイル(=ポイント)がもらえる

このような特徴があります。

例えば、ポイントからANAマイルへの換算率の違いについて。

JCBカード(一般)だと「1,000円=1Oki Dokiポイント=3マイル」でマイルが貯められます。
つまり、マイル換算率は「100円=0.3マイル」ということですね。

これがANA JCBカード(一般)だと、マイル換算率は「100円=0.5〜1マイル」で交換できるんです!

そのため、1ヶ月で10万円カード払いをした場合、

  • JCBカード(一般)=300マイル
  • ANA JCBカード(一般)=500〜1,000マイル

貯められるマイル数に200〜700マイルもの差が生じるわけです。

同じ金額を支払うにも関わらず、貯まるマイル数にこれだけの差ができてしまうのは、本当に損!!

ですので、ANAマイルを貯めるときには、ANAカードを使うことが鉄板なんです!

あなっさんのオススメはANAアメックスorソラチカカード

「じゃあ、どのANAカードを使うと良いの?」
「私に一番合ったANAカードってどれなの?」

ANAカードにも色々な種類があり、どれを選んで良いかわかりませんよね?

ただ、ANAカードは「全員がコレを選べば正解!」というものはありません。

というのも、ANAカードそれぞれに特徴があり、あなたのクレジットカードに対する考え方や生活スタイル、重視したい条件などで、選ぶべきカードが異なるからです。

そこで、カード選びの参考としてタイプ別にオススメのANAカードを紹介します!
具体的には次の通りです。

マイルの貯めやすさ、充実したサービスなどバランスの良さで選びたい方には
・・・ANAアメリカン・エキスプレス・カード←管理人も愛用♪

年会費などのコストの安さで選びたい方には
・・・ANA To Me CARD PASMO JCBカード(ソラチカカード)←オススメ!

1ヶ月に2回以上は飛行機に乗る方には
・・・ANA VISAワイドゴールドカード

圧倒的なステータス・サービスを求める方には
・・・ANAアメリカン・エキスプレス・カードゴールド

このなかでも、あなっさんがオススメするのは「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」と「ANA To Me CARD PASMO JCBカード」のいずれかです。

まず、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」はあなっさんが長年愛用しているカードです。

券面ANAアメリカン・エキスプレス・カード
カード名ANAアメリカン・エキスプレス・カード
初年度年会費7,000円+税
年会費(2年目以降)7,000円+税
マイル換算率100円=1~2.5マイル
ポイント有効期限翌々プログラム年度末日→無期限にできる
移行手数料6,000円+税
入会・継続ボーナス1,000マイル
フライトボーナス10%
空港ラウンジ数 28空港39ヶ所

【期間限定キャンペーン】 ※2019年4月30日(木)お申し込み分まで

インターネットからのお申込み&カード利用でなんと!最大35,000マイルをプレゼント!キャンペーンだけでハワイへの往復無料航空券(1名分)と交換できるだけのマイルが手に入る超お得なキャンペーンです!

申し込みはこちら

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの詳細

ANAアメックスはマイル換算率の高さ、サービス内容、ステータスの高さなど、総合的にバランスが良く、とっても使いやすいカードになっています。

マイル換算率は100円=1〜2.5マイルと高く、マイルをガンガン貯めていくことができます。

また、カードで貯めたポイントの有効期限を無期限にできるため、じっくりマイルを貯めていくことも可能。海外旅行など遠くに旅行に行きたい方や、家族分のマイルを貯めたい方にもオススメです。

さらに、ANAアメックスはアメックスブランドということもあり、ステータスの高さも魅力です。

ANAアメックスを使っているだけで、周り方尊敬の目で見られることもあります。
もちろん、ステータスの高さに見合ったサービスを受けられるのもお得!

年会費は7,560円(税込)と若干高いですが、マイル換算率やサービス内容の充実度を考えると、年会費以上の価値があるカードだとあなっさんは感じています。

何よりも、カードで支払いをするときに、アメックスで支払うのはかっこいい!!
それだけでカードでマイルを貯めていくモチベーションがアップします(笑)

ですので、どのカードを選ぶべきか悩んでいる方には、ANAアメックスをオススメしますよ!

そして、もう1枚のオススメが「ANA To Me CARD PASMO JCB」です。

券面ANA To Me CARD PASMO JCB
カード名ANA To Me CARD PASMO JCB
初年度年会費無料
年会費(2年目以降)2,000円+税
マイルへの移行手数料5,000円+税
マイル換算率 100円=0.5~2マイル
ポイント有効期限2年間
入会&継続ボーナス 1,000マイル
フライトボーナス 10%

【期間限定キャンペーン】

当サイトからのお申込み&カード利用でなんと!最大24,900マイルをプレゼント!滅多にない期間限定のキャンペーンです、この機会をお見逃しなく!

申し込みはこちら

ソラチカカードの詳細

これはANA(全日空)と東京メトロが提携して作られたカード。
通称「ソラチカ(空・地下)カード」と呼ばれています。

ソラチカカードの一番の魅力は、年会費がANAカードのなかで最安だということ。

年会費2,160円(税込)は他のANAカードと比べても安く、コストを抑えてANAマイルを貯めたい方にオススメです。

ただ、年会費は安くてもマイル換算率は「100円=0.5〜1マイル」と高く、ANAマイルをたくさん貯めることができます。

また、東京メトロに乗車することで、メトロポイント(東京メトロのポイント)も貯めることができ、このメトロポイントもANAマイルに交換することができるので、東京メトロなどの地下鉄に乗る方はさらにマイルが貯めやすいです。

基本的なサービス内容はANA JCBカード(一般)とまったく同じですが、東京メトロを使うことでもマイルが貯まるので、ANA JCBカード(一般)を選ぶよりもソラチカカードを選んだ方が確実にお得!

年会費などのコスト面を重視する方にはソラチカカードをオススメしますよ!

以上がクレジットカードでANAマイルを貯めるときにオススメのANAカードになります。

ANAカードを上手に使いこなし、無料で航空券と交換できるだけのマイルを貯めてくださいね!

当サイトを読んでいる方がよく読んでいるページ

サイト更新情報

ANAカード人気ランキング(最新版)

ANAマイルを貯める定番カード!

ANAマイルについて

ANAマイルを貯める方法

ANAカードの選び方

あなっさんのずる賢い貯め方

教えて!あなっさん!

あなっさんのANAマイル日記

地域別の必要なマイル数チャート

マイル用カードの詳細情報

スターアライアンスについて

サイト管理