1. トップページ
  2. マイルを貯めるカード比較
  3. 年会費の安さで選ぶクレジットカード

年会費の安さで選ぶANAマイルを貯めるためのクレジットカード

「年会費とかが安くてマイルが貯まるカードが欲しい!」

ANAマイルを貯めるカードを選ぶときにはサービスや、ステータスではなく、
年会費や移行手数料の安さを重視して選びたい!という方もいるはず。

このページでは年会費・移行手数料を重視したときに
どのカードを選ぶべきなのかを紹介します。

最初にカードごとの年会費・移行手数料を比べてみた

簡単に比べるために、ANAマイルが貯まるクレジットカードの
年会費と移行手数料を表でまとめてみました。

カード名 年会費 移行手数料 マイル移行時の
最大コスト
移行単位
ANA VISA Suicaカード
ANA VISA Suicaカード
2,000円
割引後/751円
6,000円
※10マイルコース
8,000円
割引後/6,751円
0.5~1マイル
ANA JCBカード
ANA・JCBカード(一般)
2,000円 5,000円
※10マイルコース
7,000円 0.5~1マイル
ANA・VISAカード
ANA・VISAカード(一般)
2,000円
割引後/1,025円
6,000円
※10マイルコース
8,000円
→割引後/7,025円
0.5~1マイル
ANA・JCBカード(ワイド)
ANA・JCBカード(ワイド)
7,250円 5,000円
※10マイルコース
12,250円 0.5~1マイル
ANA・VISAカード(ワイド)
ANA・VISAカード(ワイド)
7,250円
→割引後/6,275円
6,000円
※10マイルコース
13,250円
→割引後/12,025円
0.5~1マイル
ANA・JCBカードワイドゴールド
ANA・JCBワイド
ゴールドカード
14,000円 無料 14,000円 1マイル
ANA・VISAカードワイドゴールド
ANA・VISAカード
ワイドゴールド
14,000円
→割引後/9,500円
無料 14,000円
→割引後/9,500円
1マイル
ANA To Me CARD PASMO JCBカード
ANA To Me CARD PASMO
JCBカード(ソラチカカード)
2,000円 5,000円
※10マイルコース
7,000円 0.5~1マイル
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・
エキスプレス・カード
7,000円(税抜) 6,000円 13,000円 1~1.5マイル
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
ANAアメリカン・エキスプレス・
ゴールドカード
31,000円(税抜) 無料 31,000円 1~2マイル
ANAダイナースカード
ANAダイナースカード
27,000円 無料 27,000円 1マイル
JCB一般カード 1,250円 無料 1,250円 0.3マイル
JCB EITカード
JCB EITカード
無料 無料 0円 0.6マイル
三井住友VISAカード
三井住友VISAカード
1,250円 6,000円 7,250円 0.3マイル
ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカード
22,000円 無料 22,000円 1マイル
AMEXスカイ・トラベラー
AMEXスカイ・トラベラー
10,000円 5,000円 15,000円 1マイル
アメリカン・エキスプレスカード
アメリカン・
エキスプレスカード
12,000円 5,000円 17,000円 0.5~1マイル
楽天カード
楽天カード
無料 無料 0円 0.5マイル
ライフカード
ライフカード
無料 無料 0円 0.3マイル
漢方スタイルカード
漢方スタイルカード
1,500円 無料 0円 1.05マイル

あなっさんのオススメはANA VISA Suicaカード!

ANAマイルを貯めることを考えると、年会費はかかりますが、
ANAカードの中から選ぶことをオススメしたいです。

なかでも年会費を一番安く抑えられるのが「ANA VISA Suicaカード」。

ANA VISA Suicaカード券面

通常の年会費はANA JCBカード・ソラチカカードと同じなんですが・・・

このカードはカード申込みにあわせて「マイ・ぺイすリボ」というサービスに
申込むことで、年会費を1,249円引きの751円にできます!

これは全ANAカードのなかでは最安!

注意点としては「マイ・ペイすリボ」というリボ払いのサービスを利用すると、
カードの利用額がリボ払いの設定額以上となると手数料が発生してしまいます。

ただ、この手数料についても設定額を最初から上限いっぱいにすることで、
毎月一括払いと同じ仕組みになり、手数料が発生しないようにすることができます。

「そこまでして安くしなくても良い!」という場合には、もう1つの割引サービスである
カード利用代金WEB明細書サービスを利用すれば、年会費を500円引きにできます。

それでも他のANAカードよりも年会費が安いのでオススメです!

ANA VISA Suicaカードは世界中で使えるVISAブランドですので、旅行や出張で海外に
行く場合でも世界中で使うことができるのも嬉しいポイント(JCBは使えない国が多い)。

カードをSuicaとして使う人なら、オートチャージするたびにポイント(マイル)を
貯めることができるので、Suicaを利用する人にとってもかなりメリットが大きいカードです。

年会費で選ぶのであれば、間違いなくANA VISA Suicaカードが一番です!

>>ANA VISA Suicaカード公式サイトはこちら

ANAカード以外の年会費無料のカードでは物足りない

年会費を重視する場合、ANAカードでなければ年会費無料の
クレジットカードはたくさんあります。

なかでも楽天カード、ライフカード、JCB EITカードなどはANAマイルを貯めやすい
カードも多いですが、これらの年会費無料のカードはあくまでもサブカード。

100円=1マイルでマイルを貯めることができるANAカードには遠く及びませんし、
年会費無料のクレジットカードでは、いつまで経ってもマイルは貯まりません

マイルを貯めるという大人のゲームを楽しむのであれば、
年会費は2,000円ほどかかりますが、ANAカードを選ぶことをオススメしますよ!

人気ランキング

ANAマイルについて

ANAマイルを貯める方法

マイルを貯めるカード比較

あなっさんのずる賢い貯め方

教えて!あなっさん!

あなっさんのANAマイル日記

地域別の必要なマイル数チャート

お得なANAのキャンペーン

マイル用カードの詳細情報

スターアライアンスについて

サイト管理