1. トップページ
  2. ANAカードの選び方
  3. 旅行で役立つサービスが充実しているオススメのANAカードを紹介

旅行で役立つサービスが充実しているオススメのANAカードを紹介

どうせなら旅行で役立つカードを選びたい」という方も多いです。

ANAカードはANAマイルが貯めやすいだけでなく、「旅行傷害保険」「ショッピングプロテクション」「グローバルホットライン(トラベルデスク)」など、旅行や出張で役立つサービスがたくさん付いています。

このページでは、旅行で役立つサービスが充実しているオススメのANAカードを紹介します。

旅行で役立つオススメのANAカードはコレ!

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

低コストなのに旅行で役立つサービスが充実!
ステータスも高く、あなっさんオススメの1枚

ANAアメックスはゴールドカードに匹敵、、、いや、それ以上のサービスが付いているANAカードです。国内外の旅行傷害保険は最大3,000万円。レストランの予約から、緊急時の連絡まで24時間365日いつでも日本語で対応してくれるトラベルデスク、海外からの帰国時に自宅に荷物を運んでくれる「手荷物無料宅配サービス」など、様々なサービスであなたの旅行を快適なものにしてくれます。また、ステータスも高いため、国内外のホテルやレストランで優待サービスを受けることもできます。使えるサービスの充実度を考えると、年会費7,000円(税別)はかなり安いです。旅行に役立つカードで選ぶならANAアメックスがイチオシです。

初年度年会費 7,000円(税抜)
年会費(2年目以降) 7,000円(税抜)
マイル換算率100円=1~2.5マイル
ポイント有効期限 翌々プログラム年度末日(3年間)
入会ボーナス1,000マイル
継続ボーナス1,000マイル
フライトボーナス 10%

【当サイト限定キャンペーン】 ※2018年10月2日(火)まで
当サイトからのお申込み&3ヶ月間の利用でなんと!最大30,000マイルをプレゼント!

  • 特典1:新規入会ボーナスで1,000マイル
  • 特典2:1ヶ月以内にカードを3回使うだけで1,000マイル相当のポイント
  • 特典3:3ヶ月以内にカードの利用額30万円達成で3,000マイル相当のポイント
  • 特典4:3ヶ月以内にカードの利用額50万円達成で20,000マイル相当のポイント

カード利用50万円で5,000ポイント(マイル)も貯まるため、合計で最大30,000マイルが貯まります!つまり、キャンペーンだけで海外への往復無料航空券と交換できるだけのマイルが手に入るということ!超お得なキャンペーンですので、この機会をお見逃しなく!

申し込みはこちら

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの詳細

ANA VISAワイドゴールドカード

ワイドゴールドカードのなかでは年会費が最安。
旅行傷害保険は自動付帯なので、いざという時も安心

ワイドゴールドカードであれば「ANA VISAワイドゴールドカード」がオススメです。このカードの旅行傷害保険は国内・海外ともに最大5,000万円。しかも自動付帯なので、ANA VISAワイドゴールドカードを使わずに旅行に行った場合でも、カードの保険が適用されます。また、ニッポンレンタカーやトヨタレンタカーを5%割引で使えたり、IHG・ANA・ホテルズグループジャパンでの宿泊料金も5%割引で使えたりするなど、国内外の旅行で活躍してくれます。条件を満たせば、年会費を大幅に割引することができ、9,500円(税別)でカードを使えるのも嬉しいポイント。ワイドゴールドカードなら、間違いなくこの1枚です。

初年度年会費 14,000円(税抜)
年会費(2年目以降)14,000円(税抜)
マイル換算率 100円=1~2マイル
ポイント有効期限2年間
入会ボーナス 2,000マイル
継続ボーナス 2,000マイル
フライトボーナス 25%

期間限定キャンペーン!

新規入会&サービス利用で最大27,000マイル相当をプレゼント!

申し込みはこちら

ANA VISAワイドゴールドカードの詳細

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

最高級のステータスを誇る1枚!
年会費を気にしないのなら、最強のトラベルカード!

ANAアメックスよりも、さらにワンランク上のカードです。旅行傷害保険は最大1億円!ANAアメックスにも付いているサービスだけでなく、空港までの送迎サービスや、急に海外旅行に行けなくなった場合でもキャンセル代を補償してくれるキャンセルプロテクション、最大500万円までのショッピングプロテクションなどのサービスが付いています。そのため、あなたの旅行を最大限サポート・充実させてくれるカードなのです。年会費31,000円(税別)以上の価値はあるため、年会費が気にならない方には是非ともオススメしたい1枚です。

初年度年会費31,000円(税抜)
年会費(2年目以降)31,000円(税抜)
マイル換算率 100円=1~3マイル
ポイント有効期限 無制限
入会ボーナス 2,000マイル
継続ボーナス 2,000マイル
フライトボーナス 25%

【当サイト限定キャンペーン】 ※2018年10月2日(火)まで
当サイトからのお申込み&3ヶ月間の利用でなんと!最大50,000マイルをプレゼント!
一気に海外旅行に行けるだけのマイルが貯められる大・大・大チャンス!期間限定のキャンペーンですので、この機会をお見逃しなく!

申し込みはこちら

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細

旅行で役立つANAカードを選ぶための3つのポイント

旅行で役立つANAカードを選ぶときには、次の3つのポイントを軸に考えてください。具体的には次の3つです。

  • 旅行傷害保険の金額と自動付帯
  • 旅行向けのサービスがどれだけ付いているか?
  • コストパフォーマンスの良さ

それぞれのポイントを詳しく解説します。

旅行傷害保険の金額と自動付帯

まずは、選ぶANAカードの旅行傷害保険がいくら付いているか?を見てください。

ANAカードをはじめ、クレジットカードには旅行傷害保険が付いています。旅行傷害保険というのは、国内・海外で病気、怪我、死亡した場合などに適応される保険のこと。

旅行傷害保険が高ければ高いほど、いざというときにあなたや、ご家族の身を守ってくれます。

特に海外では保険が適応されないため、病気や怪我で病院を使うと、かなりの金額を支払わなければいけません。

そのような場合でも、ANAカードの旅行傷害保険を使うことができれば、治療費の負担を軽減してくれるのです。

また、旅行傷害保険には「付帯」と「自動付帯」の2種類があります。

「付帯」というのは、旅行や出張をするときに、航空券やツアー代を、そのカードで支払った場合のみ、保険が適応されるものです。

一方、「自動付帯」というのは、航空券やツアー代をカードで支払わなくても、持っているだけで保険が使えるというものです。当然、自動付帯の方が便利なのは間違いありません。

この旅行傷害保険の金額と、付帯の種類をまとめたのが次の表です。

カード名 旅行傷害保険 カード名
海外 国内
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 3,000万円 2,000万円 付帯
ANA JCBカード(一般) 1,000万円 1,000万円 自動付帯
ANA VISAカード(一般) 1,000万円 1,000万円 自動付帯
ANA JCBワイドカード 5,000万円 5,000万円 自動付帯
ANA VISAワイドカード 5,000万円 5,000万円 自動付帯
ANA JCBワイドゴールドカード 1億円 1億円 自動付帯
ANA VISAワイドゴールドカード 5,000万円 5,000万円 自動付帯
ANA To Me CARD PASMO JCBカード (ソラチカカード) 1,000万円 1,000万円 自動付帯
ANA VISA Suicaカード 1,000万円 1,000万円 自動付帯
ANAカード(学生用)VISAカード 1,000万円 1,000万円 自動付帯
ANAカード(学生用)JCBカード 1,000万円 1,000万円 自動付帯
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 1億円 5,000万円 付帯
ANAダイナースカード 1億円 1億円 自動付帯
ANA JCB ZERO × × ×

一般・ワイドカードのなかではANAアメックスが、他のJCBやVISAカードよりも旅行傷害保険の保険額が高いです。

ですので、一般・ワイドカードのなかで選ぶのであれば、ANAアメックスがお得と言えます。

ワイドゴールドカード・ゴールドカードのなかであれば、自動付帯であるANA VISAワイドゴールドカードがお得です。

ただし、保険額だけで比べるとANAアメックスゴールドやANAダイナースの方が高いため、少しでも保険額が高いカードを選びたいのであれば、ANAアメックスゴールドやANAダイナースを選ぶべきですね。

旅行向けのサービスがどれだけ付いているか?

次に旅行で役立つサービスがどれだけ付いているのか?をチェックしてください。

具体的にはショッピングプロテクションや、手荷物配送サービスなどです。これらのサービスがあるだけで、国内・海外旅行に行くときの負担が一気に軽くなります。

具体的にカードごとで使えるサービスをまとめたのが次の表です。

各ANAカードの基本的な旅行で役立つサービス

カード名ショッピング保険 手荷物無料配送手荷物預かり空港ラウンジ
ANA JCBカード(一般)100万円×××
ANA To Me CARD PASMO JCBカード100万円×××
ANA VISAカード(一般)100万円×××
ANA VISA Suicaカード(一般)100万円×××
ANA VISA Suicaカード(一般)100万円×××
ANA VISA Suicaカード(一般)100万円×××
ANAカード(学生用)VISAカード100万円×××
ANAカード(学生用)JCBカード 100万円×××
ANA JCB ワイド ゴールドカード500万円 ××
ANA VISA ワイドゴールドカード300万円××
ANAアメリカン・エキスプレス・カード200万円
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード500万円
ANAダイナースカード500万円×

また、基本サービス以外にもカードごとに様々なサービスが付いています。

各ANAカードの特徴的なサービス一覧

カード名サービス内容
ANA JCBカード(一般)・トラベルデスク(JCBプラザ)
ANA To Me CARD PASMO JCBカード
ANA VISAカード(一般)・トラベルデスク(VJデスク)
ANA VISA Suicaカード(一般)
ANAアメリカン・エキスプレス・カード ・24時間365日対応トラベルデスク(電話も可)
・空港パーキング最大40%OFF
・SKiPサービス
ANA JCB ワイドカード・トラベルデスク(JCBプラザ)
・ビジネス専用チェックイン
ANA VISA ワイドカード ・トラベルデスク(VJデスク)
・ビジネス専用チェックイン
ANA JCB ワイド ゴールドカード・トラベルデスク(JCBプラザ)
・空港パーキング割引
・ビジネス専用チェックイン
ANA VISA ワイドゴールドカード ・トラベルデスク(VJデスク)
・空港パーキング割引
・ビジネス専用チェックイン
・ケガ・病気の相談ができる「ドクターコール24」
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード・空港パーキング最大40%OFF
・エアポート送迎サービス
・エアポート・ミール(1,000円相当のクーポン)
・ゴールドデスク
・国内レンタカー5%OFF
・24時間365日対応トラベルデスク(電話も可)
・ビジネスクラス専用チェックイン
ANAダイナースカード・海外現地トラベルデスク(電話も可)
・24時間医療サポート

旅行や出張で役立つサービスを比べるとアメックスブランドが圧倒的に充実していることがわかります。特に年に数回は海外旅行・出張に行く方であれば、アメックス系のカードがオススメです。

ちなみに、すべてのANAカードに「レンタカー割引」と「提携ホテル割引」は付いているため、リストからは外しました。友達と一緒に旅行に行くときにレンタカーの割引はお得ですので、ぜひ使うことをオススメします。

コストパフォーマンスが良いか?

最後は、カードのコストパフォーマンスがどれだけ良いかを考えてください。

コストで考えて欲しいのが「年会費」です。というのも、ANAカードをはじめ、クレジットカードは年会費が高ければ高いほど、サービス内容も良くなります。(当たり前といえば、当たり前の話です)

ですので、旅行で役立つサービスが充実したカードを選びたければ、年会費が高いANAカードを選べば間違いありません。

しかし、 ANAマイルを貯めるためには、カードを使い続けることが 大切ですので、年会費があなたのお財布の大きな負担になってしまっては元も子もありません。

そこでANAカードを選ぶときには、低コストで、充実したサービスを使えるコストパフォーマンスの良いカードを選ぶのが一番賢い選択なのです。

具体的な各ANAカードの年会費をまとめたのが次の表です。

カード名 年会費(税抜)
ANA JCBカード(一般) 2,000円
ANA To Me CARD PASMO JCBカード(一般) 2,000円
ANA VISAカード(一般) 2,000円→割引後/1,025円
ANA VISA Suicaカード(一般) 2,000円→割引後/751円
ANAカード(学生用)JCBカード 無料(在学中)
ANAカード(学生用)VISAカード 無料(在学中)
ANA JCB ワイドカード 7,250円
ANA VISA ワイドカード 7,250円
→割引後/6,275円
ANA JCB ワイド ゴールドカード 14,000円
ANA VISA ワイドゴールドカード 14,000円→割引後/9,500円
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 7,000円
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 31,000円
ANAダイナースカード 27,000円

(※)印は10マイルコースを選んだ場合の移行手数料です。

やはり、コストパフォーマンスを考えてもANAアメックスが頭ひとつ抜けています。すあります。

実際に、あなっさんもANAアメックスを使っていますが、年会費以上のサービスを使うことができており、そのコストパフォーマンスの良さに満足をしています。

もちろん、ANAアメックスゴールドやANAダイナースを選んだ方が、より充実したサービスを使うことができますが、「年会費もちょっと気になる・・・」という場合は、コストパフォーマンスも考えながら、ANAカードを選ぶようにしてください。

あなっさんオススメは「ANAアメックス」と「ANA VISAワイドゴールドカード」

上述した3つのポイントを踏まえて、あなっさんがオススメするのは「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」と「ANA VISAワイドゴールドカード」の2つです。

この2つのカードは、サービス内容・コスト・マイル換算率・ステータスなど、すべてがバランス良く、とても使いやすいANAカードです。以下にて、それぞれのカードの特徴を簡単に解説します。

旅行で役立つサービスが豊富でイチオシ「ANAアメックス」

旅行で役立つANAカードのイチオシはANAアメリカン・エキスプレス・カードです(通称、ANAアメックス)。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード券面

このカードはあなっさんが愛用しているカードでもあります。

ANAアメックスは旅行傷害保険が、国内2,000万円・海外3,000万円まで付いており、他のANAカード(一般)よりも高い保険額が設定されています。

この旅行傷害保険は自動付帯ではなく、航空券やツアー代をANAアメックスで支払わなければ保険が適用されません。

しかし、航空券やツアー代をANAアメックスで支払えば、保険が適用されるだけでなく、マイルを「100円=2.5マイル」で貯めることができることが魅力のカードでもあります。

例えば、往復50,000円の航空券を購入した場合、

ANA JCBカード=50,000円÷100×1倍=500マイル
ANAアメックス=50,000円÷100×2.5倍=1,250マイル(←1回のフライトで750マイルの差!)

と大量にマイルを貯めることができます。そのため、保険だけでなくANAマイルを貯める意味でも、航空券やツアー代はANAアメックスで支払うことをオススメします。

さらにANAアメックスには国内・海外への旅行・出張で役立つサービスが豊富に付いています。具体的には以下のサービスを使うことができます。

最大200万円まで補償される「ショッピング・プロテクション」

国内・海外ともにANAアメックスで購入した商品が、破損・盗難にあった場合、購入日から90日間までは、最大で200万円まで補償されます。旅先でお土産を購入したときには、とても便利なサービスです。

24時間365日いつでも使える「グローバルホットライン(トラベルデスク)」

国内や海外で困ったことがあったときに、いつでも相談することができるトラベルデスクを無料で使うことができます。しかも、海外から電話をかけても日本語で対応してくれるため、安心です。緊急時の道案内や、病院の検索・紹介だけでなく、レストランやホテルなどの予約も対応してくれます。

海外からの帰国時で便利な「手荷物無料宅配サービス」

海外から帰国したときに、空港から自宅までスーツケース1つを無料で送ってくれます。普通に送ると2,000〜3,000円はかかるので、それが浮くわけです。特に海外から疲れて帰ってきたときや、帰国後そのまま会社に行く場合などでも便利です。(対応空港は成田・中部・関西国際空港のみです)

搭乗手続きをせずに飛行機に乗れる「SKiPサービス」

国内線を使う場合、事前にスキップ予約(予約・購入・座席指定)をしておけば、空港での搭乗手続きをせずに、出発保安検査場に進むことができます。わざわざ搭乗手続きの列に並ばずに済むため、楽チンです。

国内28箇所・海外2箇所の空港ラウンジを無料で使える

国内、海外の空港にあるラウンジを無料で使うことができます。空港では飲み物やお酒を無料で飲むことができ、ゆったりとした気持ちで旅に出ることができます。同伴者1名までは無料ですので、ご家族や恋人と旅行に行くときも便利。

手荷物を2個まで預けられる「空港クロークサービス」

搭乗時間や乗り継便を待つまでの時間、スーツケースなどの手荷物を預かってもらえます。カード会員1名様につき2個まで無料で預かってもらえるため、空港でうろうろするときにも便利です(対象空港は中部・関西国際空港)

空港パーキングが最大40%OFF

出発の2日前までに対象パーキングHPから予約をすれば、駐車場代を最大40%OFFにすることができます。家族で旅行をする場合、自宅から空港まで車で行きたくても、駐車場が高い・・・という心配も、これで解消することができます。

このようにANAアメックスには旅行で役立つサービスが充実しています。

しかも、ANAアメックスはステータスが高いアメックスブランドのため、国内・海外のホテルやレストランで優待サービスを受けることもできて、さらにお得!

年会費7,000円(税別)でこれだけのサービスを使えるのは、はっきり言って破格!あなっさんも使っていて、年会費以上の価値があると感じています。

ANAマイルも貯めやすいカードですので、旅行で役立つカードを選びたいのであれば、ANAアメックスがイチオシです!

>>ANAアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトへはこちら

低コストで使えるゴールドカード「ANA VISAワイドゴールドカード」

旅行に役立つカードでゴールドカードを選びたいのであれば「ANA VISAワイドゴールドカード」をオススメします。

ANA VISAワイドゴールドカード券面

ANA VISAワイドゴールドカードは、世界中で使うことができる安定のVISAブランドです。

ワイドゴールドカードのため、「入会・継続ボーナスで2,000マイル」「フライトボーナスが+25%」というサービスも付きます。一般カードよりもフライトボーナスが高いので、年に何度も飛行機に乗る方は、かなりマイルが貯めやすいカードになっています。

特徴として、国内・海外の旅行傷害保険は最大5,000万円が自動付帯。さらに国内航空傷害保険も最大で5,000万円まで自動付帯で付いています。(国内航空傷害保険とは、飛行機の搭乗中の事故や怪我に補償される保険のこと)

自動付帯なので、航空券やツアー代を支払わなくても保険が適用されるのは便利です。

また、それ以外にも旅行で役立つサービスが充実しています。具体的には次の通りです。

全国28箇所&海外1箇所の空港ラウンジを無料で使うことができる

日本各地の空港と、ハワイ(ホノルル)空港のラウンジを無料で使うことができます。空港ラウンジを使えば、飛行機の搭乗時間までゆっくりと過ごすことができます。

ショッピングプロテクションは最大300万円まで

国内・海外で購入した商品が盗難・破損した場合、最大300万円まで補償をしてもらえます。旅先で購入したお土産が補償してもらえるのは安心です。

24時間365日使える「ドクターコール24」

日本国内での急病やケガに対して、医師・看護師・保健師などの専門スタッフが24時間365日いつでも相談に応じてくれます。病院に行くほどではないけど、ちょっと心配・・・という健康についての不安も相談に乗ってくれますよ。

ビジネスクラス専用チェックイン

ANA国際線でエコノミークラスを使う場合でも、ビジネスクラス専用カウンターで搭乗手続きをすることができます。そのため、並ぶ時間もほぼかからず、楽に搭乗手続きをすることができます。

中国での必須アイテム「ANA銀聯カード」が発行できる

中国の大都市から地方都市まで、様々な場所で支払いができる銀聯(UnionPay)。この銀聯(UnionPay)カードを発行することができます。銀聯(UnionPay)で貯めたポイントもANAマイルに交換することができます。(発行手数料/2,000円税別の無料キャンペーン中です)

このようにANA VISAワイドゴールドカードも旅行で役立つサービスが充実しています。ただ、1つ残念なポイントがあります。

それが「手荷物宅配サービス」や「クロークサービス(空港で手荷物を預けられるサービス)」が有料であることです(使えることは使えます)。ANAアメックスであれば、これらのサービスを無料で使えることを考えると、そこだけは残念ですね。

最後に、ANA VISAワイドゴールドカードの年会費は通常14,000円(税別)ですが、ある条件を満たすことで、年会費を9,500円(税別)にすることができます。

ある条件というのは三井住友カードでは有名な「マイ・ペイすリボ」と「カード利用代金WEB明細サービス」という2つのサービスを利用するだけ。これだけで年会費をグッと下げることができます。

ですので、「ゴールドカードが欲しいけど、年会費が高いんだよな・・・」と気になる方には、かなり持ちやすいゴールドカードでオススメですよ。

>>ANA VISAワイドゴールドカード公式サイトへはこちら

まとめ

このページでは旅行で役立つANAカードを紹介しました。いかがでしたでしょうか?

旅行で役立つANAカードを選ぶポイントとしては「旅行傷害保険の金額」「旅に役立つサービスの充実度」「コストパフォーマンス」という3つのポイントを軸に選ぶことが大事です。

そして、この3つのポイントを踏まえて、あなっさんがオススメするのは「ANAアメックス」と「ANA VISAワイドゴールドカード」の2つです。

ANAアメックスは、とにかく旅行で役立つサービスが豊富なカードです。

旅行傷害保険は、ANAカード(一般)のなかでは一番高く設定されています。また、空港ラウンジ、トラベルデスク、手荷物宅配サービス、空港パーキングの割引など、国内・海外で役立つサービスが充実しているのです。

年会費は7,000円(税別)ですが、それ以上のサービスが付いているため、はっきり言って超お得なカードになっています。

あなっさんも5年以上使っているので、自信をもってオススメすることができます。

そして、もう1つのオススメが「ANA VISAワイドゴールドカード」です。

ANA VISAワイドゴールドカードはVISAブランドのため、世界中で使うことができます。また、飛行機に乗ることで貯まるフライトボーナスが+25%も付いているため、頻繁に飛行機に乗る方にもオススメできます。

サービスとしては、急な病気やケガでも24時間365日相談に乗ってもらえる「ドクターコール24」や、レンタカーの割引サービス、国内28箇所での空港ラウンジの利用などがあります。国内旅行で役立つサービスが多いのが特徴です。

これらのサービスが使えるカードを年会費14,000円(税別)で手に入れることができますが、条件を満たせば9,500円(税別)まで割引することができます。ワイドゴールドカードを年会費1万円程度で使えるのは、かなりお得ですよ。

個人的には、旅行に役立つサービス内容や年会費のことを考えてANAアメックスのほうがイチオシです。ただし、ゴールドカードを手に入れたいと考えるのであれば、ANA VISAワイドゴールドカードを選ぶことをオススメします。

選ぶカードの種類によって、利用できるサービスは全然変わってきます。より楽しい旅行や出張にするためにも、サービス内容が充実したカードを選ぶようにしてください。

>>ANAマイルを貯めるのにオススメのカードはこちら

ANAカード人気ランキング

ANAマイルを貯める定番カード!

ANAマイルについて

ANAマイルを貯める方法

ANAカードの選び方

あなっさんのずる賢い貯め方

教えて!あなっさん!

あなっさんのANAマイル日記

地域別の必要なマイル数チャート

マイル用カードの詳細情報

スターアライアンスについて

サイト管理